広島市南区皆実町の内科、循環器内科、漢方処方、禁煙外来 平賀内科クリニック

医院外観
院長写真
模型
受付
待合室
模型

    診療科目の垣根を越えて、
    お悩みに寄り添う医療の窓口を目指します。

    お知らせ

    診療カレンダー

    2021年 10月
    26
    27
    28
    29
    30
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    2021年 11月
    31
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    1
    2
    3
    4

    終日休診

    午前休診

    午後休診

    祝日

    混雑状況

    平賀内科6つの特徴

    特徴1
    POINT
    風邪、高血圧症、不整脈、腹痛、禁煙、予防接種、漢方処方など幅広く対応。
    模型
    POINT
    模型や図を用いてわかりやすく説明。親身に寄り添う、話しやすい診療を心がけます。
    訪問診療
    POINT
    通院が困難な方、在宅療養の方に、往診・訪問診療を行う在宅医療に対応。
    医院駐車場
    POINT
    広大附属学校前駅から徒歩約2分。土曜日午前も診療、2台分の駐車場もございます。
    ネット予約
    POINT
    ネットで診療予約や混雑状況を確認し、待ち時間を少なく、通院の負担を軽減。
    医療連携
    POINT
    入院や詳細な検査など、必要に応じて、近隣病院などをスムーズにご紹介可能。

    医師紹介

    院長写真

    院長 平賀 正文

    はじめまして。院長の平賀正文です。

    私は地域のかかりつけ医として、何でも相談してもらえる医師でありたいと思っています。いつでも、どんな症状でも、気になった時に「聞いてみよう」と思えるクリニックがあれば、「受診が遅れて状態が悪化してしまった」ということを防ぐことができると思うからです。内科、循環器内科、消化器内科という診療科目の垣根を越えて、どんな不調でもまずはご相談いただければと思います。改善へ向け、何らかの糸口を見つけるよう努めてまいります。

    医師紹介を見る

    医院案内

    医院外観

    医院名平賀内科クリニック

    住所〒734-0007
    広島県広島市南区皆実町6丁目14-4

    TEL082-253-1569

    FAX082-253-1569

    休診木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

     
    9:00~12:00
    16:00~18:00

    【休診】木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

    医院案内を見る

    交通案内

    最寄駅 広島電鉄
    皆実町六丁目駅 徒歩約2分
    広大附属学校前駅 徒歩約2分
    駐車場 有り 2台
    交通案内を見る

    院長の想い

    院長の想い

    話しやすい雰囲気を大切に、治療の目標を立てて提案します

    私は、不安に思って来院している患者さんの気持ちを考え、相談しやすい雰囲気を作ることを大事にしています。患者さんからの情報を診断に役立てていきますので、いつ、どういう時につらかったかなど、どんなことでも、できるだけ詳しく話してもらえればと思います。ただし、無理にはお聞きしません。

    診察の上、一人ひとりの患者さんに合った治療をしっかりと考えて、「何日でこれくらい症状が軽減する」といった目安を立て、患者さんのご希望も踏まえて治療方針を決めます。漢方薬の提案も可能です。苦手な方にはカプセルや錠剤で処方し、無理なく飲めるようにするゼリーオブラートをご提案しています。

    生活習慣病などの慢性疾患では、治療が長期にわたることが多々あります。進行すると脳卒中などを起こして後遺症をもたらすリスクがあるため、治療の継続が重要です。一緒に相談しながら、経過を見てより良い治療法を考え、臨機応変に対応していきます。

    院長の想いを見る